スポンサーサイト

Posted by からっぽサキ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイト ライジング

Posted by からっぽサキ on 18.2012 1 comments 0 trackback
夏休みに
話題の映画が真っ盛り

アメイジング・スパイダーマン
の主役と恋人役の俳優さんが変わり、
しかも3Dだったので
とっても観たかったのですが
出遅れた映画好きセラピスト、
emptieのサキです。

しかたがないので
珍しく監督チョイスで
【インセプション】の
クリストファー・ノーラン監督の

ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング
を観てきました。


バットマンは
初期のジャック・ニコルソンが演じた
ジョーカーや

シュワちゃんやユマ・サーマンが
出ていた頃の
いかにもアメコミっぽいシリーズは
観ていました。


でも
ノーラン監督の
【バットマン ビギンズ】から
映画史に残る最高傑作と話題になった
前作【ダークナイト】は
ただの勧善懲○ものではない
重々しい雰囲気を醸し出していました。


ものすごく端的に言うならば

「誰の心にも闇がある」


ダークナイト ライジング
は、その完結編です。

165分と長いですが
お腹に響く音楽や
全体的に「黒い」画面にも関わらず
長くは感じませんでした。


今回は【インセプション】に出ていた
俳優さんが数人出ていました。

みつけてなんだかうれしかったわ


インセプション [Blu-ray]インセプション [Blu-ray]
(2011/07/20)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る


お嬢様女優だと思っていた
アン・ハサウェイが
とってもカッコよかったでした

彼女のような
サラサラのつや髪を
また目指そうと思いましたよ

人情深い「峰不二子」
みたいな感じかしら?


終盤、
「えーっ
ってこともあり
エンターテイメントとしても
ヒューマンドラマとしても
楽しめました。


3部作を
じっくり見直したく
なりました。


【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ [Blu-ray]【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ [Blu-ray]
(2012/06/27)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る



【Amazon.co.jp限定】ダークナイト(2枚組) ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)[SteelBook] [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ダークナイト(2枚組) ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)[SteelBook] [Blu-ray]
(2012/03/09)
Windows

商品詳細を見る


☆【夏バテ解消アロマ!】好評開催中♪

☆【こちら】は今月末で終了です!

☆facebookページは【こちら】です。



スポンサーサイト
Category : アクション

ミッドナイト・イン・パリ

Posted by からっぽサキ on 14.2012 0 comments 0 trackback
ミッドナイト・イン・パリ



ミッドナイト・イン・パリ

ウッディ・アレン監督の
最新にして最高傑作と
呼び声の高いこの映画、
観てきました。




正直言うと
ウッディ・アレン監督の作品は
あまり得意ではないです。

早口で説明の多い台詞とか
ちょっと
神経質そうなイメージで


この作品にも
その要素はありますけど

(だから主人公が
ハリウッドで成功している
脚本家に見えづらいの

脚本家に
知り合いがいるわけじゃないから
イメージわかないんだけど)

古き良きパリの
芸術や文学好きな
ちょっとオタクちっくな男性の
大人のおとぎ話


ある夜、
ある場所で
ワインに酔って
道に迷っていたら
プジョーのクラッシクカーに誘われ
敬愛する1920年代にワープします。


ジャン・コクトーのパーティーで
【華麗なるギャッツビー】の
フィッツ・ジェラルド夫妻に出会い、

若かりしき頃の
ヘミングウェイに紹介され~
(サキの知っている写真は
すでにおじいちゃんになった
ヘミングウェイ)


・・・

きっと
「夢なら醒めなきゃいいのに」
の世界。


写真や肖像画で知っている
作家や芸術家が
わんさか出てきます。

(知らなかった人たちも
半分くらいいましたが)


1920年代に知り合った
女神のように美しい女性と
またその過去にワープして・・・

主人公は気づきます。

・・・

この言葉って
作品を作り続けてきた
ウッディ・アレン監督の
心の底からの言葉かもしれません。


確かに
文化も政治も
評価するのは
「今」ではなく
「未来」に生きる
住人たちなのかもしれません。

それでも
作り続けていく、
みたいな・・・ね。


【バック・トゥー・ザ・フューチャー】
みたいに
派手なタイムワープシーンがないのが
粋でお洒落なパリらしく
とっても好感がもてます。


この作品のミューズ、
アドリアナを演じた
フランス人女優の
マリオン・コティヤール。

【インセプション】では
ちょっと○かったのですが

この作品では
上品&セクシーで
とても魅力的でした。

不思議な目をした
女性ですね。


インセプション [Blu-ray]インセプション [Blu-ray]
(2011/07/20)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る




あの石畳の坂道の
階段に座っていたら
12時の鐘とともに
黄色いプジョーが
迎えにきてくれるのかしら~


☆アドリアナのドレス、
キラキラ素敵でした。
ボディデザインアロマ】で
あんなドレスを着こなせる女性に。

☆【雨の日サービス】実施中。

☆facebookページは【こちら】です。

Category : ファンタジー

ベイビーズ―いのちのちから―

Posted by からっぽサキ on 08.2012 0 comments 0 trackback
ベイビーズ―いのちのちから―

ベイビーズ―いのちのちから―

この映画、
テレビの宣伝もないし
上映館(大阪はなんばパークスシネマでした)でしか
予告も流してなかったでしょうから
知っている人は少なかったかもしれません。

育児雑誌【たまひよ】が協賛していたから
【たまひよ】読者はご存知だったかしら


GW前に予告を観て
ズキュンときました

あかちゃんの笑顔や仕草に
癒されること
まちがいなしです。


主人公は
2009年生まれの4人のあかちゃん。

ナミビア、モンゴル、アメリカ、日本の
あかちゃんからひとりずつ。

男の子ひとり、女の子3人です。

生まれて一歳までの様子を
切り取っています。


多少の文化の違いに驚いたり
衛生面の違いに
「だいじょうぶ?」
と思ったりしますが
(だいじょうぶなんでしょう

どの国のあかちゃんも
むちゃくちゃ愛らしくて


顔の筋肉が
ふにゃふにゃになります


注目したシーンは
あかちゃんたちが
二本足で立ち上がるところです。


ずっとはいはいしてきて
腹筋なんてほとんどないけど
ちゃんと重心をみつけて
立ち上がっています

そしてその瞬間、
満面の笑みを浮かべます


先日、中之島のイベントで
OSYO禅タロットを
リーディングしてくださった先生と
グラウンディングのお話になりました。

何十年前に歩けるようになった
大人たちの中でも

「きちんと
グラウンディングできている人が
少ないですね~」

ってね。


歩けてるんですよ。
でも
ふわふわして
地に足が着いていない人、
少なくありません


立ち上がったばかりの
あかちゃんは
一見頼りなく見えながらも
一部の大人よりずっと
グラウンディングしてるわ~

って感じました。

そう。
一歳になるくらいの頃は
できていたはずなんですよ。

歳を重ねるにつれ
頭まわりが忙しくなって
気が足にまで
周らなくなっちゃったのかしら・・・ね。



それにしても。

彼らといっしょに生活している
動物たちの賢いこと


口に手をつっこまれても
牙をむかない犬。

首に縄をかけられ引きずられても
なすがままの猫。

なんて達観しているのでしょう


DVD出たら欲しいです。
サントラ版も買いたい


ホームページの予告版でも
じゅうぶん癒されますよー


☆下半身の【ボディデザインアロマ】では
グラウンディングも視ます♪

☆facebookページは【こちら】です。

テルマエ・ロマエ

Posted by からっぽサキ on 23.2012 0 comments 0 trackback
テルマエ・ロマエ 特別編

GW中に話題の映画、
テルマエ・ロマエ】を
観にいきました


お客様から
漫画がおもしろいと
噂には聞いていたのですが、


主演の阿部寛さんはじめ、
市村正親さんに宍戸開さん、
大阪が誇る北村一輝さんと
日本有数の「濃い顔」俳優陣を
選抜したかのような
キャスティングが圧巻です

反して、

現代日本の銭湯で
主人公ルシウスが最初に出会う
「平たい顔族」の代表のような
イカ八郎さんの
とぼけた笑顔

おじいちゃんというより
おばあちゃん化した
上気したピンクのほっぺに
癒されます。


阿部寛さんの
彫像のようなお身体にも
思わず注目


★今作品の個人的なツボ★

上戸彩ちゃん扮する真実ちゃんが
短期間でラテン語を習得した後、
(これ自体すごい才能ですが)

ルシウスと共に
古代ローマへ
タイムスリップするのですが、

一瞬だけ画面の右上に
BILINGUAL(バイリンガル)マークが
点滅します


もう一点、
観終わってから気づいたことですが。

もらった冊子(上の画像)の
登場人物に
ローマでの友人マルクスが
頻繁に出てきます。

てっきりあちらの俳優さんと
疑わなかったのですが、

ルシウスの友人

日本人でした


隠れた濃い俳優さんですね



笑いはもちろん
癒しです。

とりあえず
なんにも考えなくても
素直に笑える作品です。




☆続ければ続けるだけ
おとくにダイエットキャンペーン♪
ボディデザインアロマ
好評開催中です!

☆facebookページは【こちら】です。
Category : コメディ

映画【アーティスト】

Posted by からっぽサキ on 18.2012 0 comments 0 trackback
アーティスト


アカデミー賞でも
話題になっていた
アーティスト】を
観てまいりました。




3Dの時代に
モノクロでサイレント

映画好きなら
観るっきゃないでしょー


サイレントの時代は
スクリーンの前に
オーケストラと指揮者が
生演奏してるという
当時の映画館の様子が
冒頭に流れます。

当時の映画って
贅沢な娯楽だったのでしょうね。


白黒だし
流れる音楽や衣装はもちろん、
お話の内容や
出演されている俳優さんたちの
お顔立ちまで
とってもクラッシック。

主役のジョージ・ヴァレンティンを
演じたフランス人俳優の
ジャン・デュジャルダンさんは
髭や表情がクラーク・ゲーブルを
髣髴とさせます。


それでもけっして
古く感じないのは
映像の美しさと
テンポの良さ。

そして
大人の恋の物語だから。


エキストラ女優のペピーが
憧れの俳優ジョージの楽屋を訪ねて
ひとりすごすシーンは
女性から見ても
とってもセクシーです


あともうひとつ、
個人的に大好きなわんこ
ジャック・ラッセル・テリアの
UGGYくんが
大活躍しています

助演男優賞ものですね。

と、思ったら
彼はパルムドールならず、
パルムドッグ賞を受賞したそう

こういうところも
お洒落だわ~


☆ペピーは美脚とスリムボディの
持ち主でした。
ボディデザインアロマ】大好評開催中♪

☆emptieのfacebookページは【こちら】です。
Category : ヒューマン
 HOME 
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。